このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。

カプリチョーザ創業ストーリー

カプリチョーザ創業ストーリー

単身イタリアへ

料理人としてイタリアに魅せられ、海を渡った男「本多征昭」

1962年、イタリアに魅せられ、夢と希望とともに単身、海を渡ったカプリチョ-ザ創業者、本多征昭。

憧れの地、イタリアに渡った彼は国立エナルクホテル学校に入学し、当時、日本人のコックなどほとんどいない状況の中、料理にかける情熱と絶え間ない努力で腕を磨き、ヨーロッパのコンテストで数々の賞を受賞します。

その功績がイタリア政府に認められ、1970年3月、日本で初めて開催された万国博覧会(大阪万博)のイタリア館シェフとして派遣されました。見事その大役を勤め上げ、一年後に帰国。帰国後にはその実力を余すところなく発揮し、数々のイタリア料理店を手掛けます。

小さな第一歩

それはほんの小さな、けれども大きな希望に満ちた第一歩

そして34歳の春、渋谷の外れに6坪のイタリアレストランを開店。この小さな店こそがカプリチョ-ザの始まりです。

本場の技術、そして味と量を安価で提供する魅力。カプリチョ-ザはたちまち行列の出来る店となり、4年後には現在本店がある場所に移転。20坪40席の店内はいつもお客様で賑わっていました。

苦難

創業者の死という苦難を乗り越えて全国展開へ

本多は「お客様の喜ぶ顔が見たい。」その一心で毎日調理場に立ち続ける。しかし、病に倒れた彼は1988年7月に44歳という若さでこの世を去りました。

病にかかる直前、(株)日本WDI(現(株)WDI)とフランチャイズ契約を結び、本多征昭のレシピをもとに日本中へカプリチョ-ザを展開していきました。

そして未来へ

現在、そして未来へ……。受け継がれる、創業者「本多征昭」の熱き思い

一人でも多くの人の「美味しい」を聞くため、味にこだわり続けた料理人、本多征昭。彼のレシピの強さを受け継ぎ、今もその味は生き続けています。

夢と希望を抱き、海を渡った彼の料理への情熱。私達はその情熱を忘れることなく、これからも新しい美味しさを提案していきます。